3月11日 さようなら原発北海道集会のお知らせ

20240311

画像をクリックしてチラシを拡大

私たち泊原発廃炉の会も参画する「さようなら原発1000万人アクション北海道実行委員会」主催による
「原発事故から13年 フクシマを忘れない!さようなら原発北海道集会」が以下のとおり開催されます。

福島イチエフの事故から13年、避難生活は長期化し原子力緊急事態宣言は未だに解除されていません。
2023年8月24日に政府・東電は漁業者県民・国民の多くの反対にもかかわらず「アルプス処理水」という名の放射性物質を完全に取り除けていない汚染水を海洋放出し、地球環境汚染に棹差すこととなりました。また新年の能登半島地震では志賀原発のトラブルが相次ぐと共に、震災と原発事故の複合災害が生じた際には「避難」そのものが困難であることをわたしたちは知りました。
福島原発の事故を決して忘れず、原発の危険性を訴えながら脱原発者社会を実現していくためにも多くの方の集会への参加を呼びかけます。

◆日時 2024年3月11日(月)18時~20時(開場17時30分)
◆会場 北海道自治労会館(札幌市北区北6条西7丁目)5階 大ホール
◆講演 「原発は動かしてはならない~能登半島地震と福島第一原発廃炉~」
    原子力資料情報室事務局長 松久保肇さん

3月15日 第三回控訴審のお知らせ

第3回控訴審口頭弁論のお知らせです。
新年早々の能登半島地震では、多くの被害をもたらす自然の脅威と併せて、あらためて原発の適地がわが国には何処にも存在しないということを多くの国民は感じたと言えます。
控訴審口頭弁論(第3回)は下記のとおりです。多くの方の傍聴参加で法廷を埋めましょう。
傍聴される方は、大通公園西11丁目に13時15分過ぎに集合願います。

【控訴審口頭弁論第3回】
日時 2024年3月15日(金)14時30分開始
場所 札幌高等裁判所 802号法廷
※傍聴抽選券の有無は、当日の一週間前に裁判所発表
札幌高等裁判所|傍聴券交付情報

【口頭弁論後の報告会】
日時 2024年3月15日(金)口頭弁論終了後
場所 高等学校教職員センター4階大会議室(大通西12丁目)

事務局

【釧路市】原発や核燃施設が自然災害にあった場合に想定される事故の危険性を訴えるドキュメンタリー映画の上映会のお知らせ

240310

映画「カタストロフィー」~破滅を防ぐために~

映画は「ストップ・ザ・もんじゅ」が作成。
ナレーションには吉永小百合さんほか、著名な研究者、市民運動家の解説が添えられています。
原発・再処理事業施設の大事故を 想定したCGによる原子力事故のシュミレーションに戦慄します。
本年元日の能登の大地震の甚大な被害から、原子力事故の最悪シナリオを想起しました。
積丹半島沖の海底活断層の連動などが心配されている今、北海道の当事者として、原子力防災避難についてどうするべきかを考えます。

上映会予定日時:3月10日(日)10時~11時半
場所:釧路市生涯学習センター5階ハイビジョンシアター

主催:泊原発の廃炉をめざす会釧路地域連絡会
映画「カタストロフィー」~破滅を防ぐために~上映会実行委員会

問い合わせ先:090-9436-8632 (マシオン)
メールアドレス emika69(@)yahoo.co.jp

3月9日「福島原発事故から13年、原発と核ゴミを考える3.9集会」開催(第二部:満田夏花さん講演会)(オンライン参加可)

20240309

画像をクリックしてチラシを拡大

~原発を動かさない・核ゴミは持ち込ませない~
福島原発事故から13年、原発と核ゴミを考える3.9集会

第2部 満田夏花さん講演会
「原発回帰がダメなこれだけの理由」
満田夏花さんプロフィール:国際環境NGO FoE Japan事務局長

日時:2024年3月9日(土)開場:14:00~ 開会14:30~
場所:北海道自治労会館5階ホール  札幌市北区北6条西7丁目
参加費:1,000円(事前予約不要)

第1部 今、伝えたいこと
・宍戸隆子さん <福島から原発事故のため自主避難>
・佐藤英行さん <後志・原発とエネルギーを考える会>
・大串伸吾さん <子どもたちに核ゴミのない寿都を!町民の会/寿都町議会議員>(町議会の期間と重なったためメッセージ代読)
・槌谷和幸さん <子どもたちに核ゴミのない寿都を!町民の会/脱・肌感覚リコールの会 共同代表>
・清水敬弘さん <北海道議会議員/産炭地域振興・エネルギー問題調査特別委員会 理事>

参加方法:会場へ直接参加の場合は事前予約不要です。

ZOOMによるオンライン参加の場合
「泊原発を再稼働させない・核ゴミを持ち込ませない北海道連絡会」ホームページ「お問合せフォーム」からお申し込みください。その場合、カンパ金のお振込みをお願いします。
お申込み後、カンパ金の振込先を返信します。
申込期限:2024年3月2日(土)
「泊原発を再稼働させない・核ゴミを持ち込ませない北海道連絡会」ホームページ「お問合せフォーム」

主催:泊原発を再稼働させない・核ゴミを持ち込ませない北海道連絡会
(略称:泊・核ゴミNO!道連)

ハイロニュース47号発行のお知らせ

20231225

クリックで表示

ハイロニュース47号を発行しました。

発行日 2023年12月25日
【主な内容】
第41回法廷だより 控訴審第2回期日
福島第一原発廃水処理について
北海道における原子力防災
さようなら原発集会・シミサポマルシェ
原子力資料情報室・高野聡さんとの懇談

画像をクリックし、PDFファイルを表示してご覧ください。

11月14日締め切り パブリックコメントのご案内

核のゴミ文献調査の最終報告が年度内に行われると報じられています。
報告が行われる前に、「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律施行規則」の一部改正が必要なことから、資源エネルギー庁はパブリックコメント(意見公募)を行い年内の施行を目指し、その上で調査報告を行おうとしています。

パブリックコメントの締切は11月14日(火)の23時59分となっていますので多くの方の意見表明をお願いいたします。

【e-Gov パブリック・コメント】サイト
特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律施行規則の一部を改正する省令(案)に対する意見公募

11月8日 第二回控訴審のお知らせ

第二回目の泊原発廃炉訴訟控訴審が、以下のとおり行われます。
多くの方々の参加で傍聴席を埋めるべく、宜しくお願いいたします。

【口頭弁論】
日時 2023年11月8日(水)午後2時30分
場所 札幌高等裁判所 702 (札幌市中央区大通西11丁目3-3)
※今回は、傍聴券の抽選はありません。

【報告会】
日時 控訴審終了後
場所 札幌市資料館(旧札幌控訴院)2階研修室 (札幌市中央区大通西13丁目)
※今回の会場は札幌市資料館ですので、お間違えのないようご留意ください。

10月9日 STOP再稼働!さようなら原発北海道集会

20231009

画像をクリックしてチラシを拡大

「STOP再稼働!さようなら原発北海道集会」についてお知らせします。
この間、原子力村の原発回帰の逆襲による、原発の60年超運転を可能にするGX脱炭素束ね法案の国会可決をはじめ、8月には福島第一原発事故の汚染水を漁業関係者との約束を反故にし海洋放出を強行するなど、なりふり構わぬ施策を推し進めています。
また、寿都町では10月3日に、核ゴミの受け入れの今後の展開に大きな影響がある町議会議員選挙があります。

廃炉の会は、2011年の泊原発の廃炉を求めた集団訴訟から12年を迎えようとしています。2022年5月31日には30km圏内の限定付きながら原発差止を勝ち取りましたが、控訴審での勝利に向け志を同じくする他団体とも連帯し勝利を目指していきましょう。

「STOP再稼働!さようなら原発北海道集会」概要
◆日時 2023年10月9日(月・祝)
◆集会 10時~
◆パレード 10時45分(パレードの解散は北3条西4丁目日本生命ビル前:流れ解散)
◆会場 札幌市大通公園西6丁目
◆主催 さようなら原発1000万人アクション北海道実行委員会

9月22日 シミサポマルシェ出展のお知らせ

8月24日、岸田政権および東京電力は、漁業関係者との約束を反故にし、デブリに触れた原発汚染水の海洋放出を強行しました。また、寿都町や神恵内村で行われていた文献調査の最終的な動向も明確ではありませんが、寿都町では10月に町議会議員選挙が行われようとしています。

こうした状況の中、札幌エルプラザで行われます「シミサポマルシェ」に活動の一環として下記のとおり出展しますのでぜひお立ち寄りください。

日時 2023年9月22日(金)11時~16時

会場 札幌エルプラザ1階エントランス(札幌市北8条西3丁目)

概要
・日本における原発の現状(データ:掲示)
・2022年5月31日判決報道(朝日、毎日、読売、日経、北海道、赤旗各紙掲示)
・原発関連書籍無料頒布
・賛同人加入の呼びかけ
・寿都町での現地活動団体への支援の要請等

ハイロニュース46号発行のお知らせ

20230825

クリックで表示

ハイロニュース46号を発行しました。

発行日 2023年8月25日
【主な内容】
第40回法廷だより 控訴審第1回期日
控訴審傍聴記
活動報告会
チカホイベント
斉藤武一さんを偲ぶ会
保守議員が道議会委員会で道条例廃止発言

画像をクリックし、PDFファイルを表示してご覧ください。